テレクラとツーショットダイヤルの違い

出会いのための電話コミュニケーション紹介サイト

電話によるテレクラとツーショットダイヤルの特徴を知ろう!

コミュニケへションのツールとして電話は古く、いまのインターネット全盛以前からの基本的なもの。 この電話を利用して異性との会話をし、ひとときを楽しく、そして、話しの流れでは実際に会うこともできる、昔からある手段がこの二つです。 テレクラとツーショットダイヤルの利用方法の特徴と違いについて説明しましょう。

テレクラとツーショットダイヤルの利用料金をみる

利用料金をみると、テレクラは1時間2000円程、ツーショットダイヤルはポイント制の1分は100円程度となります。 テレクラは時間で電話付個室を借りるので会話の有無には無関係、ツーショットダイヤルは相手と会話が始まれば時間経過でポイント消費となります。

テレクラやツーショットダイヤルを利用した出会いの方法

テレクラは、電話を介して女性と会話する店。店舗の個室で女性からの電話を待ち、かかってきた女性との会話を楽しむ。女性との話し内容では実際に会って楽しむこともできる。
テレクラは、1985年に新宿にて開業したのが始まり全国へと広がっていきましたが、社会問題化と規制強化により減退の一登となりました。
かなり少なくなりましたが繁華街などでは運営をしています。

ツーショットダイヤルは、出会いなどを目的としたテレクラ同様の電話により異性との会話を楽しみますが、テレクラのように店舗に出向く必要はなく、電話がある自宅から利用できるので人気となっていました。
1990年代に登場していますが、男女が二人だけで会話して楽しむ理由から名称がついたといわれ、当初は大手電話会社による情報料課金サービス回線を利用した課金システムとなっていました。

テレクラやツーショットダイヤルは、女性側は全てフリーダイヤルになり、男性側が利用料金を支払う形式になっています。ツーショットダイヤルは男女ともにプッシュ操作で通話相手の変更もきる点は、テレクラにない利点になります。

テレクラやツーショットダイヤルは、いまのインターネットやスマホによるサイトやSNSの登場と普及により、両者の要件を満たしてしまうことになり、存在利点が検証したことにより全盛期に比べ衰退傾向にあります。

かなり減ってはいますが、一定のニーズはいまもあり運営はされています。
テレクラは著しく減っていますが、ツーショットダイヤルについて一定量を保ち利用者も保たれている現状はあるようです。

実際、筆者もテレクラやツーショットダイヤルともに全盛期に利用した経験があり、利用して消費した料金は、ツーショットダイヤルの方が消費感覚も薄くなり、最終的に利用料金は高くなってしまいました。

テレクラやツーショットダイヤルは、18歳未満の利用は法律で禁止されています。

利用形態で使い分けるのもコツ

テレクラは店舗型、ツーショットダイヤルは無店舗型で共に電話を介して女性との会話を楽しむことが目的になります。 一種の出会い系ということになりますが、会話を楽しみ、話の展開次第では会うこともできます。 テレクラは店舗周辺が対象、ツーショットダイヤルは全国的で地域を指定して会話する女性を選ぶことが可能です。