出会いのための電話コミュニケーション紹介サイト

利用形態で使い分けるのもコツ

利用料金を考えて注意する点

テレクラは原則現金で前金制です。
仮に会話が長引いた場合は、30分単位で加算があり、店を出るときに後払いになります。

ツーショットダイヤルでは、支払いはクレジットカードになります。
支払い方法は、先と後払いがありますがカード払いは金銭感覚がなくなるので、先払いでポイント購入して消費していく利用がベターです。
後払いは、消費感覚がないので高額請求に至ることがあり注意が必要になります。
ツーショットダイヤルは、消費ポイントの金額換算になりますが、ご自身で電話をしている通話料は別に自己負担になりますからその点は自覚しておいてください。
トータル的には、電話の通話料プラスツーショットダイヤルの利用料になります。
但し、電話をつないでいても会話・再生・録音など機能を利用しなければ、ポイント消費はありません。

テレクラは時間内であれば、一切、他に料金が発生しないのは大きな違いです。

テレクラからやツーショットダイヤルへ

ツーショットダイヤルにしてもテレクラにしても基本は女性と直接会話をすることです。
この点は、いま普及している出会い系サイトやSNSの文字主体のコミュニケーションとは違ったリアリティがあります。

直接会話をする内容はエッチ目的だけを考えますが、実際、単に話を聞いてほしい、相談が目的の場合も多いのです。
男性は比較的エッチ目的ですが、会話をしていき噛み合わないと突然電話を切られることもあります。

料金的にはテレクラが優利ですが、料金以外の点でテレクラの不得意としていた点の多くをツーショットダイヤルカバーしていることで、いまも多く利用されています。
ツーショットダイヤルを元にライブチャット等知名度が高いものも登場してきています。

テレクラにしてもツーショットダイヤルにしても、異性と直接会話をするリアリティは、いまのSNSや出会い系サイトでは体験できない魅力があり、違った楽しさを知ることができることでしょう。


この記事をシェアする